受験に失敗する人の特徴

受験で大切なのは勉強時間の確保

  • トップ

受験で志望校に合格するには

受験する際には、目標とする志望校を定めてそれに向けて一生懸命努力するわけですが、目標を達成するためにはどのくらいの努力が必要なのでしょうか。目標をどこにおくかで逆算して考えてみるのもよいです。必要となる勉強時間が分かったら、後はどうやってその勉強時間を確保するかが重要となります。一定以上の質のある勉強時間をこなしていくことで実力も付きますので、これを継続することが大切です。実は、受験で成功する人と失敗する人の違いはここにあると言ってもよく、受験に失敗する人の特徴は、勉強時間が確保されていないことがほとんどです。気持ちばかりが焦ってしまったり、ゲームなどの他の遊びなどに熱中してしまうケースが多くなります。例えば、小学生が中学受験をする場合にも、親は良かれと考えて子供部屋を用意するのですが、これはかえって逆効果になることがあります。一人でも努力できる子というのはいることはいますが、ほとんどの場合には努力できないため、結局は自分の部屋は使わずにキッチンなどの親の目の届くところのほうが勉強がはかどります。つまり、受験戦争に打ち勝って、晴れて希望校に合格するためには、そのために必要な時間を確保することが最低条件となります。

受験の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP