子供からの受験対策

私立学校の受験には面接が必須

  • トップ /
  • 私立学校の受験には面接が必須

受験対策には面接を重視する

私立大学に幼稚園から大学までストレートで入学できるようにするためには、子供の頃から受験対策として、勉強をしなければなりません。小さな子供にとっては、少々酷に感じますが、有名大学にストレートで合格できることは、都度受験をしなくても済みますので、長いレンジで考えますと、決して子供にとって悪いことではありません。受験をするために、親御さんは塾や家庭教師の費用などを捻出しなければなりませんので、金銭的に余裕がある家庭でないと生涯の教育費を負担することは難しいです。学力を上げるためには勉強をすることも必要ですが、あくまでも、一次選考だと考えた方がよろしいです。学校としては、優秀で人格が良い生徒を確保したいと考えています。そのために、必ず生徒と親御さんも含めた面接を受ける必要があります。良い環境で育った生徒は、品格があり、人としての常識を子供ながらに心得ています。むしろ、面接を受ける際に最も重要なことは、親御さんの教育に関する方針や、入学する志望動機などがはっきりしていることです。良い大学に入学すれば、より良い社会人になれると思うことは間違いではないですが、生活の環境が良くなければ、いくら勉強をしましても、学校が入学してほしいと思う生徒を確保することができないのです。面接では、お子さんも含め、親御さんの対応や人間性、職業や収入が問われることが多いことを理解しておいた方がよろしいです。

↑PAGE TOP